大相撲初場所

連日黒星、稀勢崖っぷち 横綱連敗ワーストタイ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
稀勢の里(右)が逸ノ城にはたき込みで敗れる=丸山博撮影
稀勢の里(右)が逸ノ城にはたき込みで敗れる=丸山博撮影

2日目(14日・両国国技館)

 進退を懸ける横綱・稀勢の里は平幕の逸ノ城に敗れて連敗。昨年秋場所千秋楽から7連敗(不戦敗を除く)となり、横綱として貴乃花(1999年名古屋場所12日目から同年九州場所初日)と並ぶ最長記録になった。横綱・鶴竜は小結・御嶽海に押し出され、豪栄道、栃ノ心の2大関も黒星。横綱・白鵬は栃煌山を土俵際で突き落とし、横綱・大関陣で唯一2連勝とした。先場所で初優勝した関脇・貴景勝は平幕の松鳳山を寄せ付けず、連勝した。

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1738文字)

あわせて読みたい

注目の特集