メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全豪オープン 西岡、初戦白星

 【メルボルン新井隆一】テニスの4大大会第1戦、全豪オープンは14日、当地で開幕し、男子シングルス1回戦で世界ランキング69位の西岡良仁(ミキハウス)は6-4、7-6、4-6、6-4で同41位のテニース・サンドグレン(米国)を降し、3年連続で2回戦に進んだ。同150位の伊藤竜馬(北日本物産)は3年ぶりの本戦出場だったが、同189位のダニエル・エバンズ(英国)にストレート負けした。今大会が現役最後の可能性がある元世界ランキング1位のアンディ・マリー(英国)は第22シードのロベルト・バウティスタ(スペイン)に4-6、4-6、7-6、7-6、2-6で敗れた。

 3連覇を狙う第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)…

この記事は有料記事です。

残り1559文字(全文1888文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです