メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野・軽井沢のスキーバス転落

事故3年 「時間止まったまま」

碑の前で手を合わせる大谷慶彦さん(左)と慶彦さんの兄=長野県軽井沢町で14日午前11時17分

 長野県軽井沢町で大学生ら乗客・乗員15人が死亡したスキーツアーバス事故から15日で3年になる。遺族らが14日、事故現場を相次いで訪れ、犠牲者の冥福を祈った。

 現場の国道脇の山林には、樹皮がはがれるなど今でも事故の痕跡が残る。東京農工大1年の大谷陸人さん(当時19歳)を亡くした父慶彦さん(53)=東京都杉並区=は献花し、「現場を何度見ても悲しい気持ちになる。悲しさとむなしさに包まれた3年間だ…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです