メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
梅原猛さん死去

日本文化問い続け 独自の「仮説」次々

 ■評伝

 12日死去した哲学者、梅原猛さんは、単著だけで約100冊を記し、壮大な梅原日本学を構築する一方、国際日本文化研究センター(日文研)初代所長を務めるなど、戦後の京都学派最後の大物だった。気さくな人柄だったが、幼少期の家庭事情や戦争体験由来の孤独の影も宿していた。

 「人影に気付くと、すぐ隠れようとする」。2012年、梅原さんは京都・東山の自宅で、小さな水槽にいるメダカをいとおしそうに見ていた。その動きに、自身の本心を見ているかのようだった。

 婚外子で、旧家の養父母に育てられた。周囲の冷たい視線を浴びた。後年打ち出した大胆な仮説の源には、一…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文702文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです