メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
GetNavi

iPad ProのeSIM機能を試してみた - 失敗もしたけれど、やっぱり海外渡航が驚くほど便利に(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

2019年の秋に発売された第3世代「iPad Pro/Wi-Fi+Cellurarモデル」には、通常の物理nano-SIMカードのほかに、SIMカードスロットへの差し替えが不要な埋め込みタイプのデジタルSIM機能「eSIM」が搭載されています。今回、筆者は米国ラスベガスで開催されているエレクトロニクスショー「CES」の取材現場に、iPad Proを持ち込んでeSIMの活用方法を検証してみました。

 

↑アメリカへの取材旅行にて、新しいiPad Proに搭載されたeSIMを使ってみました

 

2016年に発売された「iPad Pro 9.7インチ/Wi-Fi+Cellurarモデル」から、Apple独自規格のApple SIMが搭載されていました。以降に発売されたiPad ProのWi-Fi+CellurarモデルでもApple SIMが使えましたが、昨年秋に登場した第3世代のiPad Pro 12.9インチと11インチから業界標準のeSIMに切り替わり、iPhone XS/XS Max/XRとともにnano-SIMとeSIMのデュアルSIM対応になりました。iPhoneとの違いは、iPad Proは引き続き音声通話に対応していないことです。

 

 

デュアルSIMになってできること

デュアルSIMを活用すると、たとえば1台のiPad Proに国内での通信用SIMを装着したまま、海外旅行に出かけた時に現地のデータプランを追加して、こちらにスイッチして使えます。筆者は昨年までCESの取材にポケットWi-Fiを持ち込んでいたのですが、機材を持ち歩く手間が省けるし、eSIMの方が通信料金を安く抑えられるプランが選べるだろうと期待して、今回はチャレンジしてみました。

 

eSIMの機能を活用するにあたって、出発前に色々と調べたところ香港の通信事業者である「3 Hong Kong(香港)」が、アメリカで使えるプリペイドタイプのeSIMプランを提供していることがわかりました。4G LTE通信を10日間利用できて、価格は138香港ドル(約2000円)ということで、ポケットWi-Fiを借りるよりはだいぶお得。Webサイトでチェックすると新しいiPad Proにも対応しているようなので、使ってみることにしました。

 

↑国内にいるときに「3香港」を契約。設定を終えて安心して旅立ったのですが、とんでもないミスをしでかしていたことに、日本を発ってから気がつきました…

 

3香港の通信エリアは日本もカバーしています。通信事業者はNTTドコモになるようです。iPad Proの設定アプリを開き、「モバイルデータ通信」から「モバイル通信プラン」へ、「新規プランを追加」を選択すると、iPad Proのカメラが起動するので、3香港からメールで送られてくるQRコードをスキャンします。すると自動的にeSIMの設定がiPad Proに書き込まれてステータスが「3-3 有効」と表示されました。やれやれ良かった、これで一安心。

 

肩の荷を降ろして、eSIMをセットアップした日から出発まで2日ほど間が空いていたので、「モバイル通信プラン」の設定をふだん使っている物理SIMの側に切り替えてしまいました。実はこれが大きなミスだったことが、旅立ってから発覚します。

 

iPadで一度に利用できるモバイル通信ネットワークは1つだけです。プライマリの通信プランを物理SIMの側に切り替えてしまうと、なんとeSIMの3香港のプランが一発で「契約期間切れ」となってしまいます。QRコードをもう一度読み込んで再セットアップを試みたのですが、これも上手くいかず。3香港のチャットサポートに、経由地のカナダから、そして到着後にアメリカのホテルから何度か問い合わせをしてようやく自分の操作ミスであることがわかり、ひどく落ち込みました。でも3香港にはWebページなどに一言注意書きぐらい入れて欲しかったと思いますが、仕方ありません。私の調査と経験不足です。良い勉強をさせてもらいました。

 

私と同じように3香港の通信プランを新しいiPad Proで利用することを検討されていた方は、eSIMのセットアップを海外に出てから行うか、旅立つ前にセットアップしたとしても、帰国後までプライマリの通信プランを物理SIMの側に戻さないようご注意ください。

さて、挫折の原因が究明できたところで、筆者としてはiPad Proでモバイル通信ができないことには仕事が不便でたまりません。かといってもう一度3香港を契約し直すのは悔しかったので、現地の通信事業者が提供しているeSIM対応のプランを探してみることにしました。

 

↑アメリカに渡ってからeSIM対応のサービスを物色。セットアップの方法はApple SIMが利用できるiPad Proと同じです

 

先ほどと同じように、設定アプリからモバイルデータ通信を開いて、「新規プランを追加」を選択すると滞在先のアメリカ・ネバダ州・ラスベガスで利用できるプランの一覧が表示されます。なお、このプラン選択を行う際にはiPad Proがネットワークに接続されている必要があるので、筆者はホテルに到着してからWi-Fiにつないでセットアップを行いました。もし海外旅行に出かける時に、空港からホテルまでの道のりを通信ネットワークに接続されているiPad Proで調べながら移動したい場合には、あらかじめ空港の無料Wi-Fiなどを使って出発前にネットワークを開通させた方が良いかもしれません。

 

プリペイドの買い切り契約ができて、1週間前後の滞在なのでデータ容量は少なめでも安く使えるプランを比較検討してみたら、AlwaysOnline Wireless(AOW)の「1GB/7.99ドル(900円ぐらい)/15日間有効」というプランが良さげだったので、これにしてみました。

 

↑AOWのサービスが買い切りだし、コスパ的にも適当かと思い選択しました。プリペイドのデータ使い切りのサービスは1GB/3GB/5GBから選択できます

 

日本のクレジットカードで決済ができて、eSIMへの書き込みも自動的に完了します。比較検討しながらだったので20分ぐらい時間をかけましたが、迷わず進めば設定完了まで5分もかからなかったと思います。

 

↑決済は日本で発行されたクレジットカードでもOK。アカウント設定も自動で簡単です

 

AOWの通信品質をセットアップ直後にホテルでチェックしたところ、下り側が1Mbps前後、上りはそれにも達しないぐらいノロノロ…。不安いっぱいでしたが、街に出て再度試したところ、下りが50Mbps前後、上りも20Mbps近いスピードをたたき出せていたので安堵しました。メールの確認やネット検索、クラウドストレージへのアップロードなど仕事は不自由なくできました。誤算は1GBをあっという間に消費してしまったことでしょうか。懐にゆとりがあれば3GB/5GBのプランを選んでも良かったかもしれません。

 

↑街に出てから試してみたら、とても快適な通信品質が得られました

 

↑設定からモバイルデータ通信アカウントを選択すると現在のデータ消費量も確認できます。1GBじゃ足りなかったか

 

eSIMは渡航するエリアによって使える通信サービスが変わったり、まだ色々と研究が必要なところもありますが、短期の滞在ならiPadやiPhoneをより経済的にオンラインにできる便利な機能だと言えそうです。セットアップが簡単にできるところも魅力的でした。今回持参したiPhone Xには海外で使える物理SIMを挿して使いました。これはこれで不自由はないのですが、eSIMの方がSIMカードを買って取り寄せる手間がいらないことを考えると、自分もそろそろeSIMが利用できるiPhone XSシリーズやiPhone XRに乗り換えるべき時が来たように思います。

【関連記事】
スマホを買い替えたなら「防水スマホケース」も買ってみませんか? 編集部のオススメ5選
ランニングシーズン突入! 1つは持っておきたい「スマホ用アームバンド」のオススメ5選
今度こそ画面割れを防ぎたい……!編集部オススメの「iPhone用ガラス製フィルム」
断線サヨウナラ! 耐久性の高い「スマホ用充電ケーブル」5選
「スマホ用車載ホルダー」、選ぶならどれ? 編集部のオススメ5選をピックアップ

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです