メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤いダイヤ

揺れる巨大帝国 ファーウェイを襲った「ブラックスワン」

ファーウェイの新しい研究開発拠点。欧州風の街並みを専用電車が駆け抜ける=中国・深セン近郊で2018年9月26日午後、赤間清広撮影

 東京ディズニーランド2個分に相当する約120万平方メートルもの敷地に、西欧の古い街並みが再現されていた。専用電車が走り、おしゃれなレストランでは若者たちが食事を楽しむ。

 テーマパークのようなこの施設は、中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)が深セン近郊に昨秋開いた研究開発施設だ。「優れた研究は良好な開発環境から生まれる、というのが我々の考えです」。案内役の担当者は豪華施設の狙いをこう解説する。

 深セン市内の本社は約200万平方メートルとさらに広大だ。ホテルや病院、商業施設までそろい、一つの街を形成する。「中国最大の民間企業」といわれるファーウェイの巨大さが分かる。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです