メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤いダイヤ

ファーウェイ光と影 世界が渇望する5G技術も 「中国疑惑」で創業以来の危機

1000キロ離れた上海にある車を遠隔操作するXラボの研究員。画面には車載カメラの映像がリアルタイムで映し出される=中国・深センで2018年9月26日、赤間清広撮影

研究開発に年間1.5兆円 特許出願数は世界一

 中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の本社(深セン)の一角にある研究施設「Xラボ」。次世代通信システム5Gの応用技術を探る最重要拠点だ。

 「5Gの可能性の一端を見せましょう」。担当者がハンドルの付いた機械を動かすと、目の前の画面に映る車が動き出した。車があるのは、1000キロ以上離れた上海にある研究所。通信で結び、遠隔操作をしているという。「5Gは映像や操作信号を時間差なくやり取りできる。困難だった技術の実用化が可能です」

 通信技術の発達は、社会に大きな変化をもたらす。現行規格4Gの実用化によってやり取りできる情報量が飛躍的に増え、スマートフォンによる動画配信など多くのサービスを生んだ。5Gの通信速度は4Gの100倍。実用化により、あらゆるモノがネットでつながるIoTの世界が現実になる。世界中の企業が5G開発にしのぎを削るゆえんだ。「5Gによって技術革命が始まり、ビジネスが激変する。新たな商機が広がっている」。3人…

この記事は有料記事です。

残り1892文字(全文2332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです