メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボーイングと経産省 電動航空機技術で提携 「日本以外にパートナーはいない」

経済産業省と次世代航空機の技術協力に合意し、日本企業とあいさつするボーイングのハイスロップ最高技術責任者=東京都千代田区で2019年1月15日午後4時5分、和田憲二撮影

 経済産業省と米航空機大手ボーイングは15日、電動航空機の技術開発などで提携することに合意した。経産省がボーイングに協業相手となる日本企業を紹介し、共同開発を支援する。市場の拡大や二酸化炭素(CO2)排出削減の世界的な流れに、ともに対応する狙い。日本企業が技術開発競争に勝ち残り、新たな商機をつかめるか注目される。

 磯崎仁彦副経産相とグレッグ・ハイスロップ最高技術責任者(CTO)が同日、合意書に署名した。署名式で磯崎氏は「ボーイングは日本の航空機産業の最大のパートナー。日本の先端技術が世界に貢献する日を楽しみにしている」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです