メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

EU離脱 英国の介護現場に深刻な影響 東欧からの労働者に依存

入所者のお年寄りの手を握りながら笑顔で声をかけるルーマニア出身のエラさん=英東部ピーターバラの高齢者施設「フィリア・ロッジ」で、矢野純一撮影

 【ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)からの離脱合意案が15日夜(日本時間16日朝)、英下院で採決される。否決の公算が大きく、メイ首相は今月21日までに、代替案を議会に提示しなければならない。離脱方針を巡っては離脱派、離脱強硬派、穏健派、残留派とさまざまな立場の思惑が交錯し、先が読めない状態だ。今年3月の離脱期限が目前に迫る中、英国や欧州では不安が広がっている。

 ロンドンから電車で北へ約1時間。英東部ピーターバラにある高齢者施設「フィリア・ロッジ」のロビーで、…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1402文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです