メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱 英国の介護現場に深刻な影響 東欧からの労働者に依存

入所者のお年寄りの手を握りながら笑顔で声をかけるルーマニア出身のエラさん=英東部ピーターバラの高齢者施設「フィリア・ロッジ」で、矢野純一撮影

 【ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)からの離脱合意案が15日夜(日本時間16日朝)、英下院で採決される。否決の公算が大きく、メイ首相は今月21日までに、代替案を議会に提示しなければならない。離脱方針を巡っては離脱派、離脱強硬派、穏健派、残留派とさまざまな立場の思惑が交錯し、先が読めない状態だ。今年3月の離脱期限が目前に迫る中、英国や欧州では不安が広がっている。

 ロンドンから電車で北へ約1時間。英東部ピーターバラにある高齢者施設「フィリア・ロッジ」のロビーで、介護職員でEU加盟国である東欧・ルーマニア出身のエラさん(48)が、お年寄りの体調を聞いていた。お年寄りの表情が和み、笑顔がはじけた。

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  3. 荻原魚雷のラジオ交差点 このまま走り続けてほしかった

  4. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  5. 世界のコロナ感染、1億人超 77人に1人 死者は210万人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです