メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱 英国の介護現場に深刻な影響 東欧からの労働者に依存

入所者のお年寄りの手を握りながら笑顔で声をかけるルーマニア出身のエラさん=英東部ピーターバラの高齢者施設「フィリア・ロッジ」で、矢野純一撮影

 【ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)からの離脱合意案が15日夜(日本時間16日朝)、英下院で採決される。否決の公算が大きく、メイ首相は今月21日までに、代替案を議会に提示しなければならない。離脱方針を巡っては離脱派、離脱強硬派、穏健派、残留派とさまざまな立場の思惑が交錯し、先が読めない状態だ。今年3月の離脱期限が目前に迫る中、英国や欧州では不安が広がっている。

 ロンドンから電車で北へ約1時間。英東部ピーターバラにある高齢者施設「フィリア・ロッジ」のロビーで、…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1402文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです