メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英EU離脱採決へ 最悪のケースは『合意なし』の離脱 オランダの花卉産業懸念 

 【ブリュッセル八田浩輔】英国でEUからの離脱合意案がまとまりそうにない現状に、EU側でも懸念が広がる。「最も良いのは英国の離脱がなくなることだが、それは起こりそうもない。最悪のケースは『合意なし』の離脱だ」。オランダ花卉(かき)仲卸・買参者連盟のマティス・メスケン会長はそう語る。

 オランダの花卉産業は生産額・栽培面積ともに欧州1位を占める国内主要産業の一つ。2017年の総輸出額は60億ユーロ(約7480億円)で、同連盟によると英国はドイツに次ぐ輸出先で8億ユーロ超を占めた。

 英国で流通する花卉の8割がオランダからの輸入だ。通常は、英仏海峡のトンネルを車で通るか船で半日程度…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです