メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国国防省報道官会見、日本の要求は「非常に無礼で、ごり押しだ」 レーダー照射問題

 【ソウル堀山明子】韓国海軍駆逐艦の火器管制レーダー照射問題で開かれた日韓国防当局者による実務協議について、韓国国防省の崔賢洙(チェヒョンス)報道官は15日、日本側がレーダー照射されたという証拠の周波数を示さずに、韓国側に駆逐艦のレーダー情報を要求したと定例記者会見で明らかにし、「非常に無礼で、問題解決の意思がないごり押しだ」と批判した。

 崔氏は、日本側が提示しようとしたのはレーダー照射に関する「ごく一部の情報」で、韓国が要求する周波数や警報が鳴ったことを示すデータではなかったとしている。情報交換は成立せず、実務協議で議論を続けることになったという。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです