メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カナダ、中国と非難応酬 「司法の乱用」 自国男性への死刑判決巡り 

 【北京・河津啓介】中国で麻薬密輸罪に問われたカナダ人男性被告が14日、遼寧省大連市中級人民法院(地裁)の差し戻し審で死刑判決を言い渡された問題で、カナダと中国双方が非難し合い、互いに相手国への渡航に注意を呼びかける事態に発展している。

 裁判は被告が上訴し、1審判決(懲役15年)より重い量刑が科せられた。中国では極めて異例で、中国メディアは、被告の弁護士の話として「被告が15日、上訴することを決めた」と伝えた。

 カナダのトルドー首相は14日、報道陣に「中国が恣意(しい)的に死刑を適用するようになった」と表明。…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです