メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カナダ、中国と非難応酬 「司法の乱用」 自国男性への死刑判決巡り 

 【北京・河津啓介】中国で麻薬密輸罪に問われたカナダ人男性被告が14日、遼寧省大連市中級人民法院(地裁)の差し戻し審で死刑判決を言い渡された問題で、カナダと中国双方が非難し合い、互いに相手国への渡航に注意を呼びかける事態に発展している。

 裁判は被告が上訴し、1審判決(懲役15年)より重い量刑が科せられた。中国では極めて異例で、中国メディアは、被告の弁護士の話として「被告が15日、上訴することを決めた」と伝えた。

 カナダのトルドー首相は14日、報道陣に「中国が恣意(しい)的に死刑を適用するようになった」と表明。…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文627文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです