モグラを追い払え 豊作祈る「もぐら打ち」 大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「わらぼて」で地面をたたき、モグラを追い払う子供たち=大分県日田市で、楢原義則撮影
「わらぼて」で地面をたたき、モグラを追い払う子供たち=大分県日田市で、楢原義則撮影

 大分県日田市郊外の中山間地にある月出町で14日、新春の伝統行事「もぐら打ち」があった。農作物の敵のモグラを追い払おうと、地元の小学生ら15人が竹の先にわらを巻き付けた「わらぼて」を地面にたたきつけ、豊作や無病息災を祈った。

 月出町子ども会育成会(梶原貴明会長)の主催。もぐら打ちは昭和初期まで盛んだったが中断。1988…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

あわせて読みたい

注目の特集