「住みたい田舎」1位に鳥取市 2年ぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
住みたい田舎ベストランキングで鳥取市が総合部門1位に輝き、喜ぶ深沢義彦市長=鳥取市役所
住みたい田舎ベストランキングで鳥取市が総合部門1位に輝き、喜ぶ深沢義彦市長=鳥取市役所

 地方移住者のための月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)2月号で「2019年版『住みたい田舎』ベストランキング」が発表され、鳥取市が総合部門で1位(昨年4位)に輝き、2年ぶりに“日本一”に返り咲いた。他の2部門でも1位に選ばれ、3冠を獲得した。【阿部絢美】

 調査は移住支援策や教育の充実、自然環境など220項目にわたり、全国663の市町村にアンケートして集計した。ランキングは「大きなまち」(人口10万人以上)と「小さなまち」(10万人未満)別にそれぞれ、総合▽若者世代▽子育て世代▽シニア世代▽自…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

あわせて読みたい

注目の特集