メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運行会社の社長が現場で謝罪 軽井沢バス事故3年

碑の前で手を合わせる高橋美作社長(中央)ら=長野県軽井沢町で2019年1月15日午前4時49分、島袋太輔撮影

 大学生ら15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故は15日、発生から3年を迎えた。現場では同日未明から犠牲者の知人らが手を合わせ、事故を起こしたバス運行会社の社長は「関係する全ての皆様に心よりおわび申し上げます」と謝罪した。

 バスを運行していた「イーエスピー」(東京都羽村市)の高橋美作(みさく)社長(57)は、社員3人とともに午前4時50分ごろに訪れ、交通安全などを願い遺族らが建立した碑に献花。約1分間、頭を深く下げて黙とうした。高橋社長は「本当に申し訳ありませんでした」などと、終始…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. 感謝状 迷子の4歳女児保護 お手柄の能古見小5年・熊本さんに 鹿島署 /佐賀

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです