メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋大、植物受精卵の分裂で液胞の働き確認

 名古屋大トランスフォーマティブ生命分子研究所の植田美那子特任講師(植物発生学)らの研究グループは、植物の受精卵が細胞分裂を始める際、細胞内の小器官「液胞」が重要な働きをしていることを発見した。これまで分裂時の液胞の動きは分かっておらず、植物の成長の基本原理を解明する糸口になると期待される。15日、米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。

 植物の受精卵は受精後、花や茎になる上側の小さい細胞と、根になる下側の大きい細胞に分裂することが分か…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文546文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  5. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです