メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人工流れ星作る人工衛星「ALE-1」 イプシロン打ち上げ18日に延期

ALE-1の模型を使い、人工流れ星のもとになる粒を放出する装置について説明する岡島礼奈社長=東京都港区で2019年1月11日午前11時半ごろ、斎藤有香撮影

 人工的に流れ星を作る世界初の人工衛星が18日午前9時50分、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のイプシロンロケット4号機で打ち上げられる。開発した宇宙ベンチャー「ALE(エール)」(本社・東京)の岡島礼奈社長(39)は「エンターテインメントという宇宙の新しい使い方を提案し、子どもたちやたくさんの人に感動を届けたい」と意気込む。

 人工衛星「ALE―1」は縦横60センチ、高さ80センチの直方体で重さは約70キロ。「流れ星のもと」…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  5. 元首相秘書官の異様な言い分 安倍首相「知らない」中、「個人の判断」で働きかけたと主張

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです