メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

進まぬ補償、捜査は長期化 札幌爆発1カ月

がれきの撤去作業が続く爆発現場=札幌市豊平区で2019年1月15日午後3時44分、竹内幹撮影

 札幌市豊平区の繁華街にある木造2階建ての建物で爆発が起き52人が重軽傷を負った事故から、16日で1カ月となる。北海道警は15日、被害が建物42棟と車両32台に上ると発表した。不動産仲介店「アパマンショップ平岸駅前店」内で店長らが可燃性の消臭スプレーを大量噴射したことが原因とみられ、道警は重過失傷害と重過失失火の容疑を視野に捜査を続けている。一方で被害者が多く爆発の再現実験も困難で、捜査は長期化する見通しだ。

 爆発は12月16日午後8時半ごろあり、アパマンショップや居酒屋などが入っていた建物が倒壊、全焼した…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文857文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. 暑いですが、もうすぐ欲しくなるおでんがピンチです すり身世界的高騰

  5. 三大ピラミッド3Dデータ生成 石材の細部、把握可能 建設の謎解明へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです