メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里は3日目も出場 田子ノ浦親方「まだ自分の相撲取れる」

大相撲の横綱・稀勢の里について取材に応じる田子ノ浦親方=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で2019年1月15日午前6時31分、真下信幸撮影

 大相撲初場所に進退を懸けて出場し、初日から2連敗した横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)が15日の3日目も出場することになった。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が同日朝、東京都江戸川区の部屋前で取材に応じ「出る認識はもちろんある」と述べ、16日の4日目も結びの一番で平幕の錦木との対戦が組まれた。

 親方は、横綱と出場の可否や進退について…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです