メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

稀勢の里 もろ差し許し、棒立ち 自らのふがいなさに言葉もなく

【大相撲初場所3日目】栃煌山(右)に寄り切りで敗れる稀勢の里=両国国技館で2019年1月15日、和田大典撮影

大相撲初場所3日目(15日、両国国技館)

 力なく土俵を割ると、思わず天を仰いだ。進退を懸ける場所で先場所に続き初日から3連敗を喫した稀勢の里。取り口が向上することのない自らのふがいなさに、支度部屋では腕組みをして考え込む様子は見せても、記者の質問に言葉を発することはなかった。

 同年代の栃煌山との取組。先場所は立ち合いから押し込んで土俵際まで追い込み、行司差し違えの末に敗れた相手だ。だが…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです