メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里 もろ差し許し、棒立ち 自らのふがいなさに言葉もなく

【大相撲初場所3日目】栃煌山(右)に寄り切りで敗れる稀勢の里=両国国技館で2019年1月15日、和田大典撮影

大相撲初場所3日目(15日、両国国技館)

 力なく土俵を割ると、思わず天を仰いだ。進退を懸ける場所で先場所に続き初日から3連敗を喫した稀勢の里。取り口が向上することのない自らのふがいなさに、支度部屋では腕組みをして考え込む様子は見せても、記者の質問に言葉を発することはなかった。

 同年代の栃煌山との取組。先場所は立ち合いから押し込んで土俵際まで追い込み、行司差し違えの末に敗れた相手だ。だが…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  4. 「まこちゃんを救って」 難病の高校1年生、半年内の手術必要 同級生らが募金スタート
  5. 記者のこだわり 性暴力をなくすには 「魂の殺人」被害の男女が語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです