メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織思わず本音「危なかったかも」 マイクシャクのサーブに苦しむ

初戦を突破した錦織=15日、AP

全豪テニス男子シングルス1回戦(15日、メルボルン)

 2セット先取されながら、マイクシャクのアクシデントにも助けられて初戦を突破した錦織。「(相手が)もし元気だったら、危なかったかもしれない」。思わず本音が口をついた。

 錦織にミスはあったが、それ以上に初対戦のマイクシャクが絶好調だった。200キロ超のサーブで崩され、バックハンドはストレートもクロスも的確に決められた。第1セットはブレークできず、第2セットはタイブレークで先にセットポイントを握りながら、ひっくり…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. インスリン使わぬ1型糖尿病治療法 名大グループが発見 臨床応用へNPO資金提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです