メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

村松 友視・評『動物学者が死ぬほど向き合った「死」の話』『仏像と日本人』

生と死、美と信仰を追い求める知的な行脚に同行してみる

◆『動物学者が死ぬほど向き合った「死」の話』ジュールズ・ハワード/著(フィルムアート社/税別2100円)

◆『仏像と日本人 宗教と美の近現代』碧海寿広・著(中公新書/税別860円)

 『動物学者が死ぬほど向き合った「死」の話』の読後に、痛快きわまりない大スペクタクル小説の醍醐味(だいごみ)の余韻が心地よくただよっている。その味わいの軸には、「生き物たちの終末と進化の科学」と銘打たれたかたい印象とは裏腹な追求心、横ばいそして追求心、横ばい……の様相を呈する、探偵の長ゼリフのごとき謎解きの連鎖といった肌合いがあり、そんな展開を、私は勝手に上質な娯楽性を感じつつ読んだ。

 ここに登場する生物たちの生と死が、私自身の生と死の問題と、生きとし生ける物同士として交錯するといっ…

この記事は有料記事です。

残り1175文字(全文1534文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです