メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『鶴見俊輔伝』『青木雄二漫画短編集』ほか

今週の新刊

◆『鶴見俊輔伝』黒川創・著(新潮社/税別2900円)

 東京市長などを務めた祖父、政治家・流行作家の父を持ち、中学生で色恋に溺れる不良。ハーバード大に留学、太平洋戦争開戦後に交換船で帰国、やがて思想家に。そんなウソみたいな経歴の男がいた。

 黒川創『鶴見俊輔伝』は「ウソみたいな」生涯を、まっとうに位置づける労作。祖父・後藤新平から筆を起こし、3年半前の逝去まで、鶴見俊輔はいかに考え、いかに歩んだかが克明に叙述されている。漫画や漫才からプラグマティズムまで、仕事量の幅も広大なだけに、大変な著作となった。

 ほかの思想家、哲学者と違うのは、雑誌『思想の科学』を牽引(けんいん)し、ベ平連、九条の会など、鶴見…

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです