メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

Spin MasterとAlpha Groupが爆丸(Bakugan(R))をめぐる特許紛争を解決(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

Spin MasterとAlpha Groupが爆丸(Bakugan(R))をめぐる特許紛争を解決

AsiaNet 77065 (0074)


【トロント2019年1月15日PR Newswire=共同通信JBN】Spin Master Corp.(TSX:TOY; www.spinmaster.com)と中華人民共和国広東省広州のAlpha Group Co., Ltd.は、変形玩具に関するカナダ、英国、米国での紛争を円満に解決したことを発表する。解決条件によると、Alpha Groupは3カ国の3件で紛争の対象と確認されたScreechers Wild!製品を2019年1月31日以後は販売しないことに同意した。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/807895/Spin_Master_Spin_Master_and_Alpha_Group_Resolve_Patent_Disputes.jpg

Spin Master Corp.のクリス・ハリス法務部長は「当社は爆丸製品の革新的技術を非常に誇りにしている。Spin Masterには知的財産権を行使する歴史と評価があり、必要な場合には当社の権利を積極的に守り続ける」と語った。

Spin Masterは受賞歴があり成功している爆丸(Bakugan(R))玩具に関連する変形機能を保護する世界的な特許を申請し、獲得した。Spin Masterはその革新的な変形技術を世界中の主要地域で保護するため細心の注意を払っており、MattelのMecard製品が爆丸技術の権利を侵害しているとして現在、カナダ、米国、メキシコでMattelに対する未解決の訴訟を抱えている。

▽Spin Masterについて
Spin Master(TSX:TOY; http://www.spinmaster.com )はさまざまな斬新な玩具、ゲーム、各種商品、エンターテインメント施設を開発、設計、製造、ライセンス供与、販売する世界的な子供向け大手エンターテインメント企業である。Spin Masterは、Zoomer(R)、Bakugan(R)(爆丸)、Erector(R)by Meccano(R)、Hatchimals(R)、Air Hogs(R)、PAW Patrol(R)といった受賞歴のあるブランドで最もよく知られている。Spin Masterは2000年以来、TIAトイ・オブ・ザ・イヤー(Toys of The Year、TOTY)の候補に103回指名され、各部門で28回受賞した。このうちInnovative Toy of the Yearの候補に13回なっている。Spin Masterは2007年のBakugan Battle Brawlers(爆丸バトルブローラーズ)の成功や、世界160カ国・地域で放映されている現在人気のPAW Patrolなど、これまで8つのテレビ番組シリーズを制作した。Spin Masterは28の事務所を持ち、カナダ、米国、メキシコ、フランス、イタリア、英国、ロシア、スロバキア、ポーランド、ドイツ、スウェーデン、オランダ、中国、香港、日本、ベトナム、オーストラリアで1600人を雇用している。

▽投資家問い合わせ先
Mark Segal
Executive Vice President and Chief Financial Officer
marks@spinmaster.com

▽メディア問い合わせ先
Tammy Smitham
Vice President, Communications & CSR
mediarelations@spinmaster.com

ソース:Spin Master Ltd.


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです