メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里引退へ 親方に伝達 横綱最長8連敗

初日から3連敗を喫し、車で田子ノ浦部屋に向かう横綱・稀勢の里=東京都江戸川区で2019年1月15日午後6時59分、渡部直樹撮影

 大相撲の横綱・稀勢の里(32)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋=が現役を引退することが決まった。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が16日、「昨夜、本人から伝えられた」と明らかにした。稀勢の里は東京・両国国技館で開催中の初場所に進退を懸けて出場したが、初日から3連敗。昨年9月の秋場所千秋楽から、15日制になった1949年夏場所以降の横綱として最長の8連敗(不戦敗を除く)を喫した。16日の初場所4日目の錦木戦は不戦敗になる。

 稀勢の里は新横綱優勝を果たした2017年3月の春場所で左大胸筋などを痛めた。このけがが完治せず、翌…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです