メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・雨宮処凛さん モラトリアムの街、中野

作家の雨宮処凛さん=宮間俊樹撮影

 中野にいたのは1994年から99年までの5年間です。人形作家になろうと北海道から出てきたものの、人形の粘土に触れてアトピー性皮膚炎が悪化して断念せざるをえず、ちょうどフリーターをしていた時期です。

 何者かにはなりたいけど、何をしていいか分からない。人生に戸惑い、がむしゃらに生きて“地獄巡り”のように過ごしていたのが中野での日々でした。

 街の雰囲気は、今と変わらないですね。北口駅前の商店街に行くと、古本屋やコスプレ店などサブカルチャー…

この記事は有料記事です。

残り1560文字(全文1779文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです