メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・雨宮処凛さん モラトリアムの街、中野

作家の雨宮処凛さん=宮間俊樹撮影

 中野にいたのは1994年から99年までの5年間です。人形作家になろうと北海道から出てきたものの、人形の粘土に触れてアトピー性皮膚炎が悪化して断念せざるをえず、ちょうどフリーターをしていた時期です。

 何者かにはなりたいけど、何をしていいか分からない。人生に戸惑い、がむしゃらに生きて“地獄巡り”のように過ごしていたのが中野での日々でした。

 街の雰囲気は、今と変わらないですね。北口駅前の商店街に行くと、古本屋やコスプレ店などサブカルチャー…

この記事は有料記事です。

残り1560文字(全文1779文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです