メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日芸術賞の人々

/4止 大林宣彦さん

毎日芸術賞特別賞を受賞した映画監督の大林宣彦さん=根岸基弘撮影

 ◆映画部門 特別賞 映画「花筐/HANAGATAMI」

だまされた怒りが原動力

 「僕一人の力によるものではありません。スタッフやキャスト、みんなが力を出し切って、いい作品にしてくれた」。穏やかな表情で受賞を喜んだ。

 映画「花筐/HANAGATAMI」は、第二次世界大戦前夜の佐賀・唐津を舞台にした青春群像劇。檀一雄原作の小説を基に、戦争の足音が近づく中、旧制高校生が死を覚悟しながら精いっぱい生きる姿を描いた。約40年前から映画化したいと願い続けてきた作品だが、当初は映画関係者に持ちかけても「こんな時代に戦争の話なんて、誰も見ない」と見向きもされなかったという。

 今になって「花筐」の映画化が実現し、評価されたことの意味を考えると、複雑な気持ちもあるともらした。…

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1503文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです