メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

長篠合戦の伝説に迫る 強右衛門の武士魂に光

 戦国史ファンならば、織田・徳川連合軍と武田軍が激突した、天正3(1575)年の長篠合戦をご存じだろう。『鳥居強(すね)右衛(え)門(もん) 語り継がれる武士の魂』(金子拓著・平凡社・1944円)は、武田軍に取り囲まれた長篠城からの使者として活躍、命をなげうって籠城(ろうじょう)軍に貢献した武士とその伝説に迫る。

 まず合戦に至るまで、さらに強右衛門が武田軍にとらえられ、はりつけにされるまでを振り返る。戦国史の著…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです