メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 「いだてん」にのん(能年玲奈)を!=中森明夫

NHK大河ドラマ「いだてん」第4回(27日放送)から、東京高等師範学校のマラソン大会で走る金栗四三(中村勘九郎)=NHK提供

 NHK大河ドラマ「いだてん」の初回を見た。宮藤官九郎脚本、オリンピックの物語である。冒頭、ビートたけしと小泉今日子がタクシーに乗って、現れる。おっ、国民的お笑い芸人&アイドルが! たけしが古今亭志ん生で、キョンキョンがその娘役という。でも、なんで志ん生?と思えば<東京オリムピック噺(ばなし)>の副題がある。たけし扮(ふん)する志ん生がナレーターで、このドラマを落語のようにして語るという。いかにもクドカン的な趣向だ。

 1959(昭和34)年、オリンピック招致--星野源の扮する元外交官が国際オリンピック委員会(IOC)総会で英語の演説をぶって、東京!と決定した瞬間、大友良英のサンバのリズムのテーマ曲が高らかに鳴り渡り、横尾忠則の題字ロゴ・三脚巴(どもえ)がくるくると旋回疾走する--躍動感あふれるオープニングだ。主役は2人、金栗四三(かなくりしそう)と田畑政治(たばたまさじ)。えっ、誰それ? 前者が日本人初の五輪…

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです