メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

変わる年号 変わらぬテレビ

 家主 平成最後の正月だったが、相変わらずテレビ漬けか?

 隠居 こっちは90歳に近い足腰不自由の古老だもの、近所の神社に初詣もままならない。早朝からテレビが生中継している、いわば“おせち編成”の映像で済ませてしまう。

 家主 テレビ信仰か。近所の神様、申しわけない。

 隠居 琴の音をバックにまず富士山だ。向かって左手に宝永山が見える。これは河口湖辺りから撮っているな。画面は切り替わってスタジオだ。ふくら雀(すずめ)の女性たちが着慣れない和服姿で勢ぞろいだ。

 家主 それでも今年後半は不景気になるだろうなんて、古手の新聞記者や評論家による新春座談会が気になる…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです