メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
松尾羊一のめでぃあ亭

変わる年号 変わらぬテレビ

 家主 平成最後の正月だったが、相変わらずテレビ漬けか?

 隠居 こっちは90歳に近い足腰不自由の古老だもの、近所の神社に初詣もままならない。早朝からテレビが生中継している、いわば“おせち編成”の映像で済ませてしまう。

 家主 テレビ信仰か。近所の神様、申しわけない。

 隠居 琴の音をバックにまず富士山だ。向かって左手に宝永山が見える。これは河口湖辺りから撮っているな。画面は切り替わってスタジオだ。ふくら雀(すずめ)の女性たちが着慣れない和服姿で勢ぞろいだ。

 家主 それでも今年後半は不景気になるだろうなんて、古手の新聞記者や評論家による新春座談会が気になる…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文821文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです