メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

ファンタジーの中にリアルも ドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」演出 竹園元さん

(右から)妖精役の遠藤憲一、一ノ瀬ひかり役の岡田結実、ひかりの同僚役の青木さやか=テレビ朝日提供

 テレビ朝日系の連続ドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」(金曜午後11時15分)の演出を担当している。岡田結実(ゆい)がテレビ制作会社の新人アシスタントディレクター(AD)のひかり役で連ドラ初主演を務め、遠藤憲一が「妖精」役という斬新なキャストだ。バラエティー番組の出演で多忙な岡田だが、ドラマ収録の間は「芝居にどっぷりつかれる」環境づくりを目指す。「スポンジのような吸収力」で、女優としても急成長していると喜ぶ。

 ひかりは、自分だけに姿が見える「妖精」のおじさんと会話し、毒舌と共に仕事の助言も受ける。とっぴな設…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです