メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

ファンタジーの中にリアルも ドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」演出 竹園元さん

(右から)妖精役の遠藤憲一、一ノ瀬ひかり役の岡田結実、ひかりの同僚役の青木さやか=テレビ朝日提供

 テレビ朝日系の連続ドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」(金曜午後11時15分)の演出を担当している。岡田結実(ゆい)がテレビ制作会社の新人アシスタントディレクター(AD)のひかり役で連ドラ初主演を務め、遠藤憲一が「妖精」役という斬新なキャストだ。バラエティー番組の出演で多忙な岡田だが、ドラマ収録の間は「芝居にどっぷりつかれる」環境づくりを目指す。「スポンジのような吸収力」で、女優としても急成長していると喜ぶ。

 ひかりは、自分だけに姿が見える「妖精」のおじさんと会話し、毒舌と共に仕事の助言も受ける。とっぴな設…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです