メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産

ゴーン前会長保釈却下 ルノー「後任」検討 週末にも取締役会

 【パリ共同】フランス紙レゼコーとフィガロの電子版は15日、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の保釈請求が却下されたことを受け、被告がトップの座にとどまる自動車大手ルノーが今週末にも取締役会を開き「ゴーン後」の経営体制を固める見通しだと伝えた。

 連合を組む日産や三菱自動車は既にゴーン被告を会長職から解任。ルノーは不正を認定する十分な情報がないとして、会長兼最高経営責任者(CEO)からの解任を見送っている。

 レゼコーによると、保釈請求却下に対する被告側の準抗告も退けられた場合、ルノーは今週末にも取締役会を…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです