メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島・奄美大島

冬でも 民間・行政、観光てこ入れ

 世界自然遺産を目指す鹿児島県・奄美大島の冬季観光を盛り上げるための、多角的な対策が広がっている。遠方から訪れる人の数が、夏季と比べて約3割減るためだ。登録実現を視野に通年で機運を高めようと、民間も自治体も懸命だ。

 成田、関西国際両空港と奄美大島を結ぶバニラ・エア(千葉県成田市)は例年、7~8月の搭乗率が約9割に達する一方、12~1月は6割ほどに落ち込む。そのため2015年から、自社ホームページやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で冬の奄美の魅力を発信している。

 昨年11月に公開した特設ページでは、岸辺にマングローブが発達した川をカヌーで巡るなどの遊び方を提案…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです