メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角ワイド

室蘭初の複合公共施設 多世代の交流拠点に 中島地区 /北海道

 室蘭市が整備を進めてきた生涯学習センター「きらん」が昨年12月、JR東室蘭駅に近い商業地域の中島地区にオープンした。市内で初の複合公共施設で、市民による「まちづくり協議会」での議論を経て、子供の遊び場と図書、カフェを設置。お年寄りらのほか、子育て世代を含めた多世代の交流拠点を目指している。

 施設は、耐震強度不足で老朽化した総合福祉センター(天神町)▽青少年研修センター(みゆき町)▽中島会館(中島町)▽国際コミュニティーセンター(同)の4施設と、間借りで手狭だった市民活動センター(海岸町)、子育て相談ふれあいセンター(中島本町)の機能を集約。旧向陽中学校跡地に鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ約4500平方メートルの複合施設として約20億円かけて建設した。

 市が「行政への市民参加推進」を掲げ、2013年度から始めた「まちづくり協議会」で本格的に議論された…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです