メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

没後800年、源実朝に焦点 若くして暗殺…悲劇の将軍 最古の肖像彫刻など40点 鎌倉国宝館 /神奈川

 最近の研究の進展により、その政治手腕が再評価されつつある鎌倉幕府三代将軍の源実朝(さねとも)(1192~1219年)。若くして暗殺された悲劇の将軍にスポットを当てた特別展「源実朝とその時代」が、鎌倉市雪ノ下の鎌倉国宝館で開かれている。実朝没後800年と市制80周年を記念しての開催で、最古の肖像彫刻など約40点が展示されている。実朝の命日1月27日を含む2月3日まで。

 実朝は、幕府を開いた初代将軍頼朝の次男。失脚した兄頼家(よりいえ)に代わって征夷大将軍となり、幕府…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文835文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 京アニ火災 「聲の形」「氷菓」岐阜県内の聖地でも悲しみ広がる
  5. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです