メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 放射性汚泥処理 東電が費用負担約束 小早川社長、知事と会談 /新潟

 東京電力の小早川智明社長は15日、県庁で花角英世知事と会談し、福島第1原発事故後に県内で発生し県が保管中の放射性物質を含む汚泥の処理費用について、原子力損害賠償法に基づき適切に支払うと改めて約束した。【堀祐馬】

 小早川社長は年始のあいさつ名目で臨んだ会談で、問題の汚泥約6万トンについて、同社で引き取るのは困難だと回答するのに時間を要したことを「申し訳ない」と陳謝。県が処分する方針を決めたことを踏まえ、県が約30億円と見積もる処理費用について、内訳などを把握したうえで同法の枠組みの中で「しっかりと支払わせてもらう」と話した。全額を支払う意思があるかについては言及を避けた。

 また、柏崎刈羽原発の安全性などについて県が進める三つの検証委員会や、広域避難計画の策定に協力すると…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 河井前法相・案里夫妻 潔白なら「捜査中」でも説明可能

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. 新型肺炎 中国の死者計56人に 発症者は1975人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです