ロケーションジャパン大賞

「半分、青い。」と県、ロケ地大賞受賞 経済効果など高く評価 /岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 映画やテレビドラマの撮影地と関連情報を紹介する雑誌「ロケーションジャパン」が第9回「ロケーションジャパン大賞」を発表した。2018年4~9月に放映されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」とロケ地の岐阜県が最高賞のグランプリに輝いた。

 県内では第7回大賞で、アニメ映画「君の名は。」と飛騨市が部門賞を獲得したが、グランプリは初という。2月21日に東京都内で開かれる授賞式には古田肇知事が出席…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

注目の特集