メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「本・人・まち」つなぐ

就労支援施設に作業委託 ひとの多様性活かす場 /岐阜

 岐阜に来て図書館長になってからずっと思い続けてきたことがある。それは図書館はひとの多様性を保証する場所であってほしいという私自身の願いのようなものだ。

 図書館は本来、性別、貧富の差や人種や国籍の差がなく、障がいを持っていてもいなくても、誰でも、いつでも自由に来てサービスを受けられることができて、本や情報に無料でアクセスできる場所である。それだけではない。本の貸し借りだけでなく、本を通してひとが自由に対話できる場所であることも大切なことだと思っている。

 岐阜市立図書館が新たに外部に作業委託を始めた仕事の中に、本のカバー貼りがある。透明なフィルムを本に…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. みのひだフォーカス 食品サンプルの街 郡上の象徴 「ゴジラフライ」作者、誰? 上田酒店店主「お会いしたい」 /岐阜

  3. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 江川紹子さんのまとめ 「合意のない性交は処罰」に潜む危うさ 被害者のため何をすべきか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです