メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「本・人・まち」つなぐ

就労支援施設に作業委託 ひとの多様性活かす場 /岐阜

 岐阜に来て図書館長になってからずっと思い続けてきたことがある。それは図書館はひとの多様性を保証する場所であってほしいという私自身の願いのようなものだ。

 図書館は本来、性別、貧富の差や人種や国籍の差がなく、障がいを持っていてもいなくても、誰でも、いつでも自由に来てサービスを受けられることができて、本や情報に無料でアクセスできる場所である。それだけではない。本の貸し借りだけでなく、本を通してひとが自由に対話できる場所であることも大切なことだと思っている。

 岐阜市立図書館が新たに外部に作業委託を始めた仕事の中に、本のカバー貼りがある。透明なフィルムを本に…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1121文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです