メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
再生の道標

阪神大震災24年 「防災給食」通じ災害体感 あす、宝塚市立全37校で実施 食料備蓄伝えるDVDも /兵庫

兵庫県宝塚市の市立中学校で2018年1月17日に提供された「防災給食」=同市提供

 阪神大震災の発生日の17日、今年も宝塚市内の市立小中学校と特別支援学校の給食は、災害時の備蓄食材を中心とした献立になる。市立の全37校でこの「防災給食」を出すことを通じ、「阪神」を知らない世代に当時の体験を身近に感じてもらおうという取り組みの一環だ。市は新たに家庭での食料の備蓄の必要性などを伝える教材DVDも制作し、「17日が災害時の食を考えるきっかけになれば」としている。【土居和弘】

 防災給食は2012年、各校で給食を担当している栄養教諭らの提案で始まった。今年の献立は、アルファ化…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文611文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. 三大ピラミッド3Dデータ生成 石材の細部、把握可能 建設の謎解明へ

  5. 暑いですが、もうすぐ欲しくなるおでんがピンチです すり身世界的高騰

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです