メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

処分地、原状回復に影 1年間で9回発見 住民「地下水汚染源、特定を」 /香川

2018年11月の調査で新たに産業廃棄物が見つかった処分地=香川県土庄町の豊島で2018年12月6日、岩崎邦宏撮影

 国内最大級の産業廃棄物の不法投棄事件が起きた土庄町の豊島。県と住民が2000年に合意した公害調停に基づき17年に約91万トンの撤去は終わったはずだったが、18年の1年間に「無いはずの場所」から9回にわたって産廃が見つかり、総量は約617トンに上った。想定外の事態が繰り返される深刻な不法投棄は、産廃処分地の原状回復に影を落としている。【岩崎邦宏】

 豊島では1980年代前半から業者が車の破砕ごみや廃油の投棄を始め、兵庫県警が摘発する90年まで続い…

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです