メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

五輪招致疑惑 竹田JOC会長 会見7分、質問受けず あと1年半、影響懸念

竹田恒和会長の記者会見での主な発言内容=藤井達也撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック招致を巡る不正疑惑で、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が15日、改めて潔白を主張した。ただ質疑を受けずに7分で記者会見を切り上げる苦渋の対応となり、混乱は収束しそうにない。フランス司法当局の捜査が長期化すると専門家は予想しており、国際オリンピック委員会(IOC)から「優等生」とされてきた「東京」が開幕を翌年に控えて火種を抱えた形だ。

 用意した文章を一気に読み上げると、「捜査中」を理由に質疑に応じなかった竹田氏は会見場を足早に立ち去…

この記事は有料記事です。

残り1812文字(全文2058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです