メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤いダイヤ

未来産業最前線 巨大帝国、不測の事態(その2止)

1000キロ離れた上海にある車を遠隔操作するXラボの研究員。画面には車載カメラの映像がリアルタイムで映し出される=中国・深センで、赤間清広撮影

 

ファーウェイ躍進支える巨額投資 5G開発、集中投下 商機に群がる有力企業

 中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の本社(深セン)の一角にある研究施設「Xラボ」。次世代通信システム5Gの応用技術を探る最重要拠点だ。

 「5Gの可能性の一端を見せましょう」。担当者がハンドルの付いた機械を動かすと、目の前の画面に映る車が動き出した。車があるのは、1000キロ以上離れた上海にある研究所。通信で結び、遠隔操作をしているという。「5Gは映像や操作信号を時間差なくやり取りできる。困難だった技術の実用化が可能です」

 通信技術の発達は、社会に大きな変化をもたらす。現行規格4Gの実用化によってやり取りできる情報量が飛躍的に増え、スマートフォンによる動画配信など多くのサービスを生んだ。5Gの通信速度は4Gの100倍。実用化により、あらゆるモノがネットでつながるIoTの世界が現実になる。世界中の企業が5G開発にしのぎを削るゆえんだ。「5Gによって技術革命が始まり、ビジネスが激変する。新たな商機が広がっている」。3人…

この記事は有料記事です。

残り1871文字(全文2327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです