メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
質問なるほドリ

原発の連続運転延長って? 規制委認めれば可能、検査回数は減少=回答・岩間理紀

伊方原発3号機の定期検査で「タービン動補助給水ポンプ」を点検する作業員ら

 なるほドリ 原発の連続運転の期間が変わるかも、と聞いたよ。

 記者 現在は全ての原発で連続運転は13カ月以内となっていますが、伊方(いかた)原発(愛媛県伊方町)を運営する四国電力の玉川宏一副社長が昨年12月、原子力規制委員会との意見交換で「運転サイクルの延長に挑戦したい」と述べました。

 Q 勝手に変えていいの?

 A 規制委が認めれば可能です。原子炉等規制法(げんしろとうきせいほう)や同法に基づく規則で13~2…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文758文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです