メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展望・日本経済2019

中国で成功例築きたい 伊藤忠商事・鈴木善久社長

インタビューに答える伊藤忠商事の鈴木善久社長=東京都港区の伊藤忠商事本社で

 --今年の世界経済をどう展望しますか。

 ◆不透明感が強いが、緩やかに成長するのではないか。鍵は米国と中国。米国は株価などが調整局面に入るがファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)が堅調で、中国経済も突然の腰折れは考えにくい。米中貿易摩擦は不安要因だが、米国への輸出が制限されれば、中国は経済圏構想「一帯一路」沿線国への輸出や取引を拡大する。米国はそうした政策を歓迎しないため、落としどころを探っている状態だろう。

 --デジタル覇権を巡っても米中の競争が激化しています。

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです