メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

新年の株式市場と投資家への期待=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 思えば、昨年はさまざまな波乱に見舞われた一年であった。年明け後の論評も新たな年を迎えたすがすがしさより、新たな未体験の時代に突入してしまったのではないか、という不安感の表明の方が多かった。主要国の株式市場も、昨年12月にリーマン・ショック以来の大変動を経験した後、年明け以降もひどく不安定な展開が続いている。

 今回の大荒れ相場の背景としてはさまざまな要因が挙げられている。例えば「米連邦準備制度理事会(FRB)の金利引き上げなどが長短金利逆転を招き、先行き不安をあおった」といった指摘だ。実際、FRBが本年の利上げ回数を減らすかもしれない、との観測が強まると、米国を先頭に株価は上昇に転じた。しかし、足元のインフレ懸念自体は小さく、目先の政策に一喜一憂する必要はない。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです