メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・災害列島

/1 変わらぬ避難所環境 段ボール敷き雑魚寝/職員数足りず

阪神大震災当時の体育館での避難所生活=神戸市兵庫区の小学校で1995年2月15日

 冷たい集会所の床に段ボールが敷かれ、1枚の毛布に避難者が2、3人ずつくるまって寝ていた。土砂と泥流に襲われた広島県坂町小屋浦地区。昨年7月6日の西日本豪雨から1週間近くたっても、毛布すら足りていない。避難していた会社員、西尾実さん(53)は「高齢の方は身体が痛い人もいます。敷きマットを提供ください」とツイッターでSOSを送った。

 坂町では人口の1割に当たる1300人超が避難した。避難先は、指定避難所13カ所と、集会所やホームセ…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  2. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  5. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです