検証・災害列島

/1 変わらぬ避難所環境 段ボール敷き雑魚寝/職員数足りず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
阪神大震災当時の体育館での避難所生活=神戸市兵庫区の小学校で1995年2月15日
阪神大震災当時の体育館での避難所生活=神戸市兵庫区の小学校で1995年2月15日

 冷たい集会所の床に段ボールが敷かれ、1枚の毛布に避難者が2、3人ずつくるまって寝ていた。土砂と泥流に襲われた広島県坂町小屋浦地区。昨年7月6日の西日本豪雨から1週間近くたっても、毛布すら足りていない。避難していた会社員、西尾実さん(53)は「高齢の方は身体が痛い人もいます。敷きマットを提供ください」とツイッターでSOSを送った。

 坂町では人口の1割に当たる1300人超が避難した。避難先は、指定避難所13カ所と、集会所やホームセンターなど自主避難所3カ所。全97人の町職員と、他自治体からの応援職員では対応しきれなかった。西尾さんが避難した集会所は約70人が集まったが、運営する町職員はいない。当初、衣類や毛布は地元自治会がかき集めた。

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1369文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集