メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

精神科医としての経験から家族で集まる機会に死生観を語り合っておくことを勧める保坂隆さん=本人提供

 終末期医療や葬儀、死後の話題は普段つい避けてしまいがちだが、家族や親戚が集まる機会に思い切って話をしておきたい。家族で終活に取り組んだ人に経験談を聞いた。

 ●元日に意見交換

 東京都世田谷区の精神科医、保坂隆さん(66)は毎年元日、用意した自分の墓へ妻子と出かける。今年も墓をきれいにしてから近くの寺へ初詣に向かった。20年前から続ける習慣で、毎年「これからもやるぞ」と自分に宣言する場にしている。

 実家の墓は山梨県にある。購入した墓地は現在の住まいに近く、富士山を望む眺めに親しみを感じた。まだ誰も埋葬されていないが、掃除が済むと家族で自然と手を合わせる。娘と息子が成人してからは、判断能力を失った場合にどこまで医療を施してもらいたいか、終末期について話し合う場にもなった。

この記事は有料記事です。

残り1917文字(全文2255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです