メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

精神科医としての経験から家族で集まる機会に死生観を語り合っておくことを勧める保坂隆さん=本人提供

 終末期医療や葬儀、死後の話題は普段つい避けてしまいがちだが、家族や親戚が集まる機会に思い切って話をしておきたい。家族で終活に取り組んだ人に経験談を聞いた。

 ●元日に意見交換

 東京都世田谷区の精神科医、保坂隆さん(66)は毎年元日、用意した自分の墓へ妻子と出かける。今年も墓をきれいにしてから近くの寺へ初詣に向かった。20年前から続ける習慣で、毎年「これからもやるぞ」と自分に宣言する場にしている。

 実家の墓は山梨県にある。購入した墓地は現在の住まいに近く、富士山を望む眺めに親しみを感じた。まだ誰…

この記事は有料記事です。

残り2006文字(全文2255文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです