メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野・軽井沢のスキーバス転落

事故3年 安値運行、今も 旅行会社に過大手数料 バス会社悲鳴

献花後、碑に向かって手を合わせて冥福を祈る田原義則さん=長野県軽井沢町で2019年1月15日、島袋太輔撮影

 乗客・乗員15人が死亡した2016年1月に長野県軽井沢町であったスキーツアーバス事故から15日で3年が経過した。当時、国の基準運賃を下回る安値でバスが運行され、事故の背景として問題になった。国は同様の安値運行の防止策を打ち出したが、客を集めた旅行会社にバス会社が支払う手数料が一部で引き上げられる傾向が続いており、バス会社関係者からは「実質的に下限額以下の受注もある」と現状を憂慮する声も漏れている。【安元久美子】

 バス会社関係者などによると、手数料はツアーの集客にかかった宣伝広告費などとして、運賃の10~15%…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです