メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

離婚慰謝料

不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論

 離婚時の精神的苦痛に対する慰謝料を、別れた配偶者の過去の不倫相手に請求できるかが争点となった裁判の上告審弁論が15日、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)であり、結審した。2審の結論変更に必要な弁論が開かれたことから、「請求できる」として不倫相手に賠償を命じた1、2審判決が変更される可能性がある。判決は来月19日。

 民法や判例によると、不倫された側は配偶者に離婚慰謝料を請求でき、配偶者の不倫相手には離婚の成立・不成立に関わらず不貞行為の慰謝料を請求できる。ただし、離婚慰謝料を不倫相手などの第三者に請求できるかについては、最高裁の判例はない。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです