メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・災害列島

/3 公立校9割が避難所 盲点、強風対策急務

 「体育館の屋根が飛んでいる!」。台風21号が近畿を襲った昨年9月4日午後、大阪府摂津市の市立鳥飼西小で若狭孝太郎校長(56)は信じられない光景を見た。風圧で重くなった体育館の扉を必死で開けると、天井に開いた穴から風と雨が激しく吹き込んでいた。屋根は約5分の2がはがれていた。

 自動車やトラックが横転し、電柱や街路樹が倒れる。屋根や看板が建物からはがれ、宙を舞う--。

 昨年の台風21号は25年ぶりに非常に強い勢力のまま四国や近畿に上陸し、各地で最大瞬間風速の観測記録…

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです